Extreme Server

  • HOME
  • SoundGrid Extreme Server

Intel i7ベースDSPを搭載するパワフルなSoundGridサーバーが、負荷の高いミキシング・セッションからライブ環境まで、数百ものプラグインのプロセッシングをリアルタイム・超低レイテンシーで実現します。

メジャー・アーティストのツアーからプロフェッショナル・スタジオまで、SoundGrid Extremeサーバーがあれば、必要となるすべてのWavesおよびSoundGrid対応プラグインを、より多くのチャンネルで使用できるようになります。そしてライブ・ショーにもスタジオ品質のサウンドを提供します。世界に名だたる著名なコンソールをモデリングしたプラグインをすべてのチャンネルにインサートすれば、お使いのミキサーが瞬時にクラシックなコンソール・デスクに生まれ変わるのです。

SoundGrid Extremeは、SoundGrid Server Oneよりも40%以上ものプロセッシング・パワーを有し、単純に計算しても500インスタンスを超えるSSL E-Channel, CLA-2A または C6 Multiband Compressorを同時にインサート、しかもわずか0.8msというレイテンシーで処理可能です!

頑丈な2Uラックマウント・シャーシで守られたExtremeサーバは、あらゆるスタジオ、ライブ・ミキシング・システムとって、強力なアップグレードとなることでしょう。日々のセッションに、クリエイティブなミキシング・パワーを。

下記表は、SoundGrid Extreme Serverを使用した場合のMultiRack SoundGridにおける最大ラック数、プラグイン数のベンチマーク一覧となります。いずれもDSPがオーバーロード(85%以上)する前、またはオーディオ再生に支障(クリック、音切れ、音割れなど)が生じない段階での個数を表しています。

一つのシステムにおけるプラグインの最大使用可能数は、モノまたはステレオで512個 (64 MultiRacks)となります。これらのプラグイン/ベンチマークは、システムごとにわずかずつ異なる場合があります。多くのプラグインは44.1kHzで最も効率よく動作するよう調整されていますが、いくつかのプラグインはサンプルレートに左右されず、またリサンプリングが不要となり、96kHzにおいてより優れた効率性を備えています。

*プラグインのDSP使用のピークレベルは通常使用時のアベレージよりも遥かに高くなります。DSPメーターのピークを常時モニターするよう、ご注意ください。

  • 特徴
  • 製品仕様
  • 寸法
  • 消費電力

特徴

  • お使いのシステムに強力なプロセッシング・パワーをもたらすSoundGrid DSPサーバー
  • 0.8msの超低レイテンシー (44.1, 48, 88.2, 96 kHzをサポート)
  • 静音ファン: ファン速度はCPU温度に応じて自動調整
  • あらゆるSoundGrid I/O インターフェイス、DiGiGrid I/Oと組み合わせて使用可能
  • SoundGrid Connectで、SoundGrid非対応のASIO/Core Audioインターフェイスでも使用可能
  • LEDステータス・インジケーターで、サーバーの状況を把握
  • 頑丈なNeutrik etherConコネクター
  • CPU: Intel® Skylake i7
  • 8 GB RAM
  • 保証期間: 購入から1年間

製品仕様

CPU Intel® Skylake i7
RAM 8 GB
マザーボード Gigabyte GA-B150N-GSM
LANカード Intel on-Board

寸法

長さ 48.3 cm / 19 inches
高さ 8.9 cm / 3.5 inches
奥行き 30 cm / 11.8 inches
本体重量 8.3 kg / 18.4 lbs
パッケージ重量 10.8 kg / 24 lbs

消費電力

SoundGrid Extreme Server v3 50 W(120V時) 46 W (220V時)