AVID

世界中で活躍する伝道師の力もあり、VENUEコンソールは世界で一番リクエストされるライブ・コンソールとなり大きな成功を納め、日本の夏を飾るサマー・フェスティバルでも、冬のカウント・ダウン・フェスティバルに於いても、また年末の大きな歌合戦すらも、その殆どの会場でVENUEが採用されています。

この新たなS6L システムは、最新世代のProTools|HDXと同様のDSP&FPGAを利用したプラグイン・プロセッシング・パワーを持ち、以前のVENUE(D-Show&Profile)システムでは最大100プラグインまでの内部処理を、S6Lは200プラグイン利用する事が可能です。

また、S6Lのコンソール部自体は旧VENUE(D-Show&Profile)と異なるプロセスが採用されており、それを司るエンジン部は、DSP&FPGAで演算されるものでは無い為、L/C/Rを含めたバスの数は最大で99バスに至り、同時に扱える入力チャンネル数は192chにのぼり、そのプロセッシング・パワーは驚異の数字となり、AD/DAのサンプリングレートはハイレゾ時代に適合した96KHzで動作しています。

ユーザー・インターフェイスとしては、現代的なタッチスクリーンのワークフローにより、より素早く簡単にアプローチが行えます。根幹のソフトウェアは、ツアー・エンジニアならば誰もが一度は触ったことのあるお馴染みの VENUE Softwareですので、ソフトウェア自体を新たに習得する必要も無く、サーフェイスのノブの位置さえ体が覚えれば今まで通りのオペレーションを可能にします。

新しいVENUE S6Lシステムは、3種類のサーフェイスと2種類のエンジンから必要に応じた物をチョイス可能で、入力用のステージボックス“Stage64”も入力及び出力カードを選択して装填可能です。
(一台のSatge64を利用する場合は、48入力/48出力もしくは64入力/32出力までカードの装填が可能です)

この素晴らしいプロセッシング・パワーに一日でも早く触れて下さい。

弊社では全てのVENUEコンソールの販売・サポート・サービスを担っております。

PDF資料はこちら

LINE UP

S6L CONTROL SURFACE

5種類のS6Lコントロール・サーフェス構成から選択できます。

S6L CONTROL SURFACE

E6L ENGINE OPTION

S6Lシステムは3種類のエンジンから、使用環境に応じたエンジンを選択可能です。

E6L ENGINE OPTION

I/O RACK OPTION

現場のニーズにマッチする、4つのステージ・ラックとローカルI/Oラックを規模に応じてお選び頂けます。

I/O RACK OPTION

OPTION CARD I/O & ENGINE

環境に応じたオプションカードを選択可能です。

OPTION CARD I/O & ENGINE