PageTop

follow

instagram

facebook

ReWire emailPRO TEL

wavetools

WAVETOOLとは?

WAVETOOLは、フィンランドのソフトウェア会社”WAVEMARK”社が新たに開発した最先端のプロフェッショナル・モニタリング・アプリケーション・ソフトウェアです。

その主たる機能は、ワイヤレス・マイクロフォンの多チャンネル運用時に於いては、ワイヤレス・マイクのRF/AFの安定度及び種々の不具合を素早く確認することが可能な上、Dante出力装備のレシーバーの場合、その音声検聴も可能になります。
更に、iOSデバイス用のWAVETOOL Remoteアプリを併用すると、ワイヤレス・レシーバーから離れた場所に於いて手持ちのiPhoneでワイヤレス運用状況を視覚でモニタリング出来る機能に加えて、特筆すべきは、その音声信号までもがiPhoneで検聴可能になります。

つまり、WAVETOOLが動作するホストPCとiPhoneが同一のWi-Fiネットワークで繋がるエリアならば、検聴の為だけにIEMレシーバーを用意する必要はなくiPhoneやiPadが、その役割を担います。
しかも、デジタル・コンソールのMADI信号をMADI-USB I/Fを用いてWAVETOOLに入力する事により、MADI信号までもPCやiPhoneで検聴することが可能になり、これはAVBでもDanteでも同様です。

他にも、現場での技術的な問題発生時にはチャット・プラグイン機能(オプション)を使用することで、モニター卓やFOHにいるチーフとの間で画面を用いてのコミュニケーションを行うこともできます。

WAVETOOLは、ワイヤレス・メーカーを問わず統合管理する事ができる上(対応するワイヤレスのみ)、ワイヤレス・システムのみならずマルチ・チャンネル・オーディオのモニタリングも可能とする唯一無二の究極のオーディオ・マネージメント・トゥールです。

2017 WAVETOOLカタログ

SHURE ULX-Dの配線例

SHURE ULX-Dの配線例

MADI機器と4クライアントの配線例

MADI機器と4クライアントの配線例

WAVETOOL FEATURES!(主な特徴)

WAVETOOL GUI

図が、WAVETOOLのメイン画面です。
優れたGUIの採用によりスマートフォン同様にオーディオ・エンジニアならば直感で取り扱う事が出来ます。
ワイヤレス・マイクロフォンを持つ個々のアーティスト画像を貼り付けて管理する事も可能なため、トラブル発生時に瞬時のジャッジが必要な現場に於いて迅速な対応が可能になります。
また、ホストPCベースの為、日本語表示にも対応します(ホストPCは、Mac OSX飲み)。

WAVETOOL GUI

WAVETOOL GUI
下図が、具体的な運用時のWAVETOOL画面です。

① 適正運用時に表示される画面です。
② トランスミッター内臓電池がローバッテリーを表します。
③ 電池消費が進んでワイヤレスの安定運用に差し支える場合。
④ RFシグナル低下時。
⑤ 信号にノイズが混じり始め運用に支障が出た際。
⑥ 完全に信号が断の場合。

WAVETOOL Channel View

WAVETOOL Channel View
下図が、Channel Viewです。
パフォーマーの本名、劇中の名称、コメントを入力する事が出来ます。また、Channel Viewを開いた状態から2分前までのアンテナごとのRF状態とオーディオ・シグナルを確認する事が可能です。この機能により個々のチャンネルのドリル・ダウンが可能になります。

WAVETOOL 2 App(フリー)

WAVETOOL 2 App(フリー)
WAVETOOLは、iOS用クライアント・ソフトウェアを無償で提供しています。Appストアにてダウンロードが可能です。

iOSアプリを用いる事で、複数のオーディオ・エンジニアがワイヤレス管理を行う事も検聴も可能になります。

WAVETOOL Chat(オプション)

WAVETOOLは、マルチ・クライアントに対応している為、クライアント同士でのチャットも可能です。
例えば、ワイヤレス管理者は上手袖に、受け渡し担当は下手袖、チーフ・エンジニアはFOHにいる場合にWAVETOOL画面を用いてチャットを行うことで大音量時ではやり取りし難い場合でも緊急用インカム・トゥールとしての利用も可能です。

WAVETOOL LINE UP(製品ラインナップ)

● WAVETOOL LITE 16ch迄の運用に対応 (Plug-inは追加利用出来ません)
● WAVETOOL PRO 64ch迄の運用に対応 (将来Plug-inの追加が可能です)
● WAVETOOL BUNDLE 128ch運用に対応 (Snapshots、Chatの2種のPlug-inをバンドル)
● WAVETOOL PLATINUM BUNDLE 128ch運用に対応 (Snapshots、Chat、Clientsの3種のPlug-inをバンドル)

<Plug-ins>

① Snapshots 運用時のグループ設定を行い、シーンに応じて切り替える事が可能です(MIDI対応)。
② Chat 監視しているリモート・デバイス間のチャットを可能にします(要Wi-Fiネットワーク)。
また、Clientsプラグインが無くとも、WAVETOOL PROをコントロール可能になります。
③ 128ch 64ch以上128ch迄の監視及び検聴が必要な際には、このプラグインが必要です。
④ Clients 最大で4つの異なるミックスの検聴と異なる入力レイアウト設定が可能になります。

電話による製品のご相談は045-482-6077まで。

日本
Copyright © 2016 Rewire. All rights reserved.