PageTop

follow

instagram

facebook

ReWire emailPRO TEL

E15
S10nは2017年に発表、2018年に発売された指向角度が80° x 10°(水平 x 垂直)のモデルとなります。(S10は110° x 10°)
外観の仕上げ、リギングの仕様は全てS10と同一となり、グラウンドスタック及び、フライングシステムでS10と組み合わせる事が可能です。
ADAMSONでは、ファーフィールドにはS10nを、ミドル・ニアフィールドにはS10の利用を想定して、S10nを開発・製造をいたしました。
一例になりますが、片側8本のフライングアレイでは、一番上のキャビネット2~3本をS10n、その下のキャビネット5~6本をS10で、組み合わせることで遠達性が向上し、遠方からステージ付近のオーディエンスに至るまで、理想的な音圧を提供することが可能です。
周波数特性
60 Hz - 18 kHz
公称指向角度
80° x 10°
最大音圧レベル*
141.3 dB
コンポーネント LF
2x ND10-LM 10" Kevlar Neodymium Driver
コンポーネント HF
1x NH4TA2 4" Diaphragm / 1.5" Exit Compression Driver
公称インピーダンス LF
8 Ω
公称インピーダンス HF
8 Ω
許容入力 (AES/Peak) LF
2x 350 / 2x 1400 W
許容入力 (AES/Peak) HF
160 / 640 W
リギング
Slidelock Rigging System
コネクター
2x Speakon™ NL8
前面高さ(mm/in)
265 / 10.4
背面高さ(mm/in)
178 / 7
幅(mm/in)
737 / 29
奥行き(mm/in)
526 / 20.7
重量(kg/lbs)
27 / 60
Supported Processing
Lake

*12dBクレストファクター ピンクノイズを、1mの距離で特定のプロセッシングとアンプで測定